災害時トイレ・衛生対策の作成業務

地震が起きると、水洗トイレの多くは使用できなくなります

避難生活は、精神的にも体力的にも負担が強いられるため、食べること、排泄することなど、あたり前のことが普段以上に重要となります。そのため、食料や水と同様に、安心して使用できるトイレ環境を確保することが必要です。とくに、子どもや女性、お年寄り、障がい者などの視点で、トイレのあり方を考えることが大切です。

業務の背景とねらい

災害時には、飲食料や衣料の確保とともに、トイレ・衛生対策は重要です。水や食料はある程度我慢ができたとしても、排泄を我慢することはできません。過去の震災では、トイレに行く回数を減らすために水分を控えたことで慢性的な脱水状態となり、その結果、下肢静脈血栓ができやすいことが指摘されました。さらに、エコノミークラス症候群となり死亡することもあります。
学校や公民館などの公共施設は、災害時には避難所となり、多くの人が共に生活する場となるため、災害時を想定したトイレ整備が求められます。“避難所”における災害時のトイレ・衛生対策や、公衆トイレを含めた総合的な災害時トイレ対応のあり方を検討・見直しを行います。
災害用トイレには、様々なタイプ・製品があります。避難所に適したトイレを備蓄し、運用方法についても事前に検討しておくことが必要です。トイレ対策を徹底することは、避難者の健康面・衛生面の管理、避難所の安定的な運営にも役立つと考えられます。

業務の背景とねらい

基本方針・視点

本業務では、想定される避難者数や収容者数などを考慮しつつ、適切なトイレ・衛生対策を作成します。
また、災害時に避難所となる施設の防災対策を強化・推進することを目的に、最新技術情報等を収集・整理し、以下の要点を踏まえて調査を行います。

  • ・災害時の避難者数に対応できること
  • ・インフラ状況に応じた技術・製品情報を整理すること
  • ・利用者層や時間経過にともなうニーズの変化に対応すること
  • ・災害時、平常時ともに維持管理がしやすいこと

基本方針・視点