ラボ通信 Vol.12(2012/10発行)

第1回災害時トイレ衛生管理講習会(実施日:5月26日~27日)

災害時におけるトイレ衛生問題の改善・解決策は何か、どのような対応策をとればいいのかについて理解し、実践できる人材の育成を目的として開催しました。募集人数を大幅に上回る応募があり、第1回目の今回は83名の方に修了証を授与することができました。

1日目の講義では、災害時トイレの総合的理解、給排水とし尿処理の仕組み、トイレと衛生環境、排泄と腸内環境の基礎知識、実務計画について学びました。2日目のワークショップでは、グループに分かれて緊急用トイレの作成、発災時のトイレ対応についてのディスカッションを行い、その内容についての発表を行いました。

次回(第2回)は2月の開催予定となっております。

第9回Labo勉強会(実施日:6月18日)

「日本発の宇宙トイレ開発」 講師:土田哲さん(有人宇宙システム(株))
有人宇宙システム㈱土田哲氏より、災害時、山岳地、途上国など、インフラに大きな制約がある場所における技術を宇宙トイレに応用、そして宇宙トイレの地上への応用についてお話頂きました。国際宇宙ステーションでのトイレについて、実際の映像や写真を交えながらわかりやすく解説して頂きました。宇宙トイレの開発は、途上国のトイレ開発にもつながる、という内容でした。

第10回Labo勉強会(実施日:7月23日)

「“生き方”を磨く 食べかた&出しかた」 講師:小倉朋子さん(㈱トータルフード 代表取締役)
飲食店のコンサルティングや諸外国の食事マナー指導、総合的に食を学び広い視野で強く美しく生きる教室「食輝塾」を主宰している小倉朋子氏より、日本の箸文化から、食にまつわる考え方、排泄やマナーについてお話いただきました。「丁寧に生きるということは丁寧な便を出すこと」等、食と排泄の大切さを改めて実感させられる内容でした。

第11回Labo勉強会(実施日:8月21日)

「運動の素晴らしさを語りつくそう!」 講師:福島多香恵さん(チェアロビクス創案者)
椅子を使った運動“チェアロビクス”の創案者の福島多香恵氏より、「トイレでできるチェアロビクス」についてお話いただきました。今回は、実際に体を動かしながら運動の素晴らしさを学んだ勉強会となりました。トイレで行う骨盤のゆがみ矯正や便秘解消など、すぐにでも実施でき排泄の助けとなる運動を中心に紹介いただきました。

ap bank fes'12 Fund for Japan

[開催地]つま恋:7月13日~16日 淡路:8月2日~3日 みちのく:8月18日~19日)
夏の野外音楽フェスapbankfes’12 fund for japanにおいて、混雑解消の為のナビゲーション活動、きれいに使ってもらうための工夫としてのステッカーの掲示、サニタリーボックスやトイレブラシの設置等を行いました。今年はつま恋(静岡県)、淡路(兵庫県)、みちのく(宮城県)の3会場で開催されました。つま恋では、約20名のトイレナビゲーションスタッフと共に、トイレの混雑解消に取り組みました。淡路、みちのくではコアスタッフ4名と現地スタッフに協力を頂き活動を行いました。

下水道展’12神戸(実施日:7月26日~27日)

7月26~27日の2日間、神戸国際展示場において開催されていた「下水道展’12神戸」に参加し、屋外展示場では災害時トイレについての展示を行い、小学生を対象としたトイレと下水道の出前教室、災害時・トイレ下水道連携フォーラムin神戸を開催しました。また、「災害時トイレ対応での下水道・トイレ連携活動」が、平成24年度国土交通大臣賞循環のみち下水道賞を受賞致しました。


うんち教室研修会(実施日:8月23日) (共同企画:王子ネピア)

今年で4回目となる「うんち教室研修会」を開催しました。受講いただいた先生方にうんち教室を実施していただくことを目的とした研修会で、養護教諭を中心に約30名の参加があり、「トイレ・排泄を通して、子どもたちに健康・環境・マナーを伝える」をテーマに、第1部では講義、第2部ではグループワークを実施しました。多くの子どもたちにうんち教室が届けられるよう取り組んでいきます。

復興教育支援事業(実施日:8月30日~31日)

被災地の復興とともに被災地における特色ある教育支援や、教育プログラムの作成を支援する文部科学省の事業です。当研究所はこの事業の一環としてトイレ教育を、気仙沼市立松岩小学校にて実施しました。1日目は小澤紀美子氏に、災害時のトイレ体験を思い出してもらいながらトイレ空間を衛生的に維持するための工夫や、明かりや臭いなど太陽の光、風の力で対応できること等を授業して頂きました。2日目は中野美和子氏と田原花枝氏に平常時と非常時の身体の感覚の変化について、体の器官の説明をしながら、実際に呼吸法等を通して体感してもらう授業を行いました。次回は10月26日に第3回目の授業を実施します。