勉強会開催概要

第24回トイレラボ勉強会のご案内

 トイレラボ勉強会は、毎回ゲストをお迎えして、参加者のみなさんと一緒に意見交換しながらトイレや排泄のことを考える場です。
 会場は、日本トイレ研究所の事務所で行います。小人数で、参加者同士もつながっていけるような勉強会です。会員以外の方もお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。
 なお、定員で締め切っていますので、欠席の場合は必ず事前にご連絡をお願いします。


今回のゲストスピーカーは、
高橋 郁(たかはし かおる)さん(特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン)です。
テーマ『途上国の衛生状況とNGOの活動について』

ミレニアム開発目標(MDGs)の期限である2015年末まであと2年を残すのみとなりました。MDGsは、2015年までに国際社会が達成すべき開発分野の目標で、衛生については、衛生施設を利用できない人々の割合を半減することが掲げられています。しかしながら今なお、世界の人口の3分の1に相当する25億人もの人々が、適切な衛生設備を利用することができず、そのことを原因とする下痢によって、1日2000人の子どもが命を落としています。今回は、このような途上国の衛生状況についてお話しするほか、この状況の改善に取り組む国際NGOによる、途上国の現場での支援活動や政策提言活動についてお話しします。

日時
2014年1月20日(月)18:30~20:30
会場
日本トイレ研究所事務所
〒105-0004 東京都港区新橋5-5-1 IMCビル新橋9F
TEL03-6809-1308 FAX03-6809-1412
アクセスマップ
参加費
会員無料(非会員1,000円)
申込み
ご氏名、ご所属、メール連絡先、電話番号をお問い合わせフォームよりご連絡頂くか、電話にてご連絡ください。
 ※定員になり次第、締め切ります。 欠席の場合は必ず事前にご連絡ください。
問合せ
日本トイレ研究所 TEL03-6809-1308

高橋 郁 氏プロフィール
1999年大学卒業後、流通小売企業を経て、ロンドン大学東洋アフリカ研究所にて開発学修士号取得。帰国後の2004年より、緊急支援に取り組むNGOにて、資金調達、広報、企業連携に従事するほか、スマトラ島沖地震被災者支援等にも携わる。2010年より教育関係企業勤務した後、2012年7月より現職。