勉強会開催概要

『東日本大震災トイレ事情報告会』-現場からのレポートと復旧・復興を考える-

日時
2011/05/25(水) 13:10~16:30
会場

(財)日本財団 2階大会議室A

〒107-8404港区赤坂1丁目2番2号

TEL 03-6229-5111

参加費
1,000円(日本トイレ研究所会員は無料)
プログラム

13:10  開会と趣旨説明

13:20  【激励講演】トイレは重要なライフラインだ。災害時トイレ対策を確立しよう

     谷口 博昭(芝浦工業大学大学院教授、国土交通省顧問)

13:40  〔第1部〕被災地トイレ事情レポート(地域から)

     (1)被災地の衛生環境を支える保健活動・水・地域力(宮古市、田野畑村)

      森田 弘昭((財)下水道新技術推進機構)

     (2)下水道停止対応で仮設トイレを設置(陸前高田市)

      (日本サニテーションコンソーシアム)

     (3)高齢者・障害者・病人など要援護者へのトイレ支援

      黒田 裕子(NPO法人阪神高齢者・障害者支援ネットワーク)

15:00  〔第2部〕災害時トイレ・し尿処理対応(テーマから)

     (1)災害時トイレに対応した下水道の整備

      岩崎 宏和(国土交通省下水道部)

     (2)離島のし尿処理でバキュームカーが活躍した

      森田 昭 (日本サニテーションコンソーシアム)

     (3)避難所におけるトイレの課題と清掃活動

      加藤 篤 (NPO法人日本トイレ研究所)

16:30  閉会

17:00  交流会(実費各自負担)*会場等については当日お知らせします

 

※当日プログラムに変更がある場合はご了承ください。

 

東日本大震災の被災地トイレ・し尿処理の現況を、多様な地域、テーマ、分野から紹介し、トイレ環境の改善に向けた情報提供と意見交換を行います

お申し込み

定員により、お申込みを締切ました。ありがとうございました。