勉強会開催概要

第21回トイレラボ勉強会のご案内

 トイレラボ勉強会は、毎回ゲストをお迎えして、参加者のみなさんと一緒に意見交換しながらトイレや排泄のことを考える場です。
 会場は、日本トイレ研究所の事務所で行います。小人数で、参加者同士もつながっていけるような勉強会です。会員以外の方もお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。
 なお、定員で締め切っていますので、欠席の場合は必ず事前にご連絡をお願いします。


今回のゲストスピーカーは、
阿部 千雅(公益社団法人日本下水道協会)さんです。
テーマ『非常時の「新しい公共」の活動と国の資金的支援をつなげるポイント』

東日本大震災の後、国など公的機関とともに、企業やNPOなど多くの民間団体が被災地支援に力を発揮しました。国土交通省国土政策局の「新しい公共」担当部署は「地域づくり支援事業」でこういった活動の資金を支援しましたが、非常時に「民間団体による大規模でない活動に国の資金的支援をつなげる」にはいくつかのポイントがありました。「地域づくり支援事業」の経験から、これらのポイントと、そこにつながる平常時の自律的・持続的な活動について考えます。

※日本トイレ研究所は平成23年度年「地域づくり支援事業」において、『気仙沼市における在宅被災者のトイレ・衛生環境に関するニーズ調査』を実施しました。そのご報告も紹介させていただきます。

日時
2013年9月17日(火)18:30~20:30
会場
日本トイレ研究所事務所
〒105-0004 東京都港区新橋5-5-1 IMCビル新橋9F
TEL03-6809-1308 FAX03-6809-1412
アクセスマップ
参加費
会員無料(非会員1,000円)
申込み
ご氏名、ご所属、メール連絡先、電話番号をお問い合わせフォームよりご連絡頂くか、電話にてご連絡ください。
 ※定員になり次第、締め切ります。 欠席の場合は必ず事前にご連絡ください。
問合せ
日本トイレ研究所 TEL03-6809-1308

阿部 千雅氏プロフィール
公益社団法人日本下水道協会 下水道史編纂室長
H6年 建設省(当時)入省(下水道部)
H19年~23年の5年間、国土交通省国土政策局で「新しい公共」等の業務を担当
H25年4月~現職

次回の予定

『時間経過とともに変化する被災者支援 ~避難所ではトイレ掃除から始まる~(仮)』

日時
10月15日(火)第22回勉強会
講師
菅原 健介さん(キャンナス東北・東北統括リーダー/理学療法士)