勉強会開催概要

第22回トイレラボ勉強会のご案内

  台風のため延期となっておりました勉強会の日程が決まりました。

 会場は、日本トイレ研究所の事務所で行います。小人数で、参加者同士もつながっていけるような勉強会です。会員以外の方もお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。
 なお、定員で締め切っていますので、欠席の場合は必ず事前にご連絡をお願いします。


今回のゲストスピーカーは、
菅原 健介さん(キャンナス東北・東北統括リーダー/理学療法士)です。
テーマ『時間経過とともに変化する被災者支援~避難所ではトイレ掃除から始まる~』

キャンナスとは「できる(CAN)ことをできる範囲でするナース(NURSE)」を意味し、2011年3月20日以降、東日本大震災の被災地域において、人・地域に寄り添いながら、医療・介護・生活に困っている方の支援をしている団体です。震災直後は避難所で健康管理やトイレ掃除など衛生改善に取り組み、仮設住宅の設置とともに孤立防止を主目的に活動を続けています。「看護師が最初にやったことは汚物まみれのトイレに手を突っ込むことだった」という言葉が印象的です。東北統括リーダーの菅原健介さんをお招きし、個が集まり、つながりながら被災地の実情に合わせて支援することの利点と課題、トイレ支援の大切さ、平時からの備えに必要なことについてお話頂きます。

日時
2013年10月31日(木)18:30~20:30
会場
日本トイレ研究所事務所
〒105-0004 東京都港区新橋5-5-1 IMCビル新橋9F
TEL03-6809-1308 FAX03-6809-1412
アクセスマップ
参加費
会員無料(非会員1,000円)
申込み
ご氏名、ご所属、メール連絡先、電話番号をお問い合わせフォームよりご連絡頂くか、電話にてご連絡ください。
 ※定員になり次第、締め切ります。 欠席の場合は必ず事前にご連絡ください。
問合せ
日本トイレ研究所 TEL03-6809-1308

菅原 健介氏プロフィール
全国訪問ボランティアナースの会キャンナス 本部コーディネーター/ 前キャンナス東北 東北統括リーダー
東日本大震災では『キャンナス東北』の東北統括リーダーとして平成23年4月?10月まで気仙沼・石巻の避難所6カ所に住み込みながら活動。
被災地の最前線で『ナイチンゲールと同じ様に、看護は公衆衛生から!』と活動する看護師の姿から、トイレ環境の大切さを感じと同時に、平時からの他職種・他業種連携、つながりの重要性を感じる。